匠の技 〜木を活かす匠達〜 CRAFTSMANSHIP 匠の技 〜木を活かす匠達〜 CRAFTSMANSHIP

梶谷建設の家づくりに、「大工棟梁の技」は欠かせません。
機械化が進んでも、木の性質を最大限に活かすには、細やかな手加工が必要になります。
その要となるのが、長年経験を積んだ大工の「腕」と「知識」。
梶谷建設に携わる大工は、木の本質を知り尽くした、まさに「匠」です。
日本家屋に受け継がれてきた伝統工法を伝承し、さらに新しい技法を追求する。
梶谷建設の家は、そんな匠達によって支えられています。

匠の技

梶谷建設の大工棟梁たちは、墨付け、手刻み、木組みの技を持っています。反りや曲りが起こりやすい無垢の木のクセを見極めて使うことができるのは、長年木と向き合い続けた大工棟梁だからこそ。機械制御のプレカットではできない丸太の加工や、曲がった梁、複雑な継手・仕口などは、人の目と手を生かした手刻みにこだわっています。
近年では、こうした手刻みの技を活かした家づくりが減ってきていますが、梶谷建設では伝統的な匠の技にこだわり、繊細な木の美しさとがっしりした強い構造を併せ持った家づくりを行っています。

匠の技

主な技の紹介

継手

継手とは、木材同士を継ぎ足し、長さを増すために使われる手法です。
材木に充分な長さがない時に使用します。

  • 腰掛鎌継ぎ

    主に土台や桁の継手にて使用します。下木を上木で押さえつけるように組み込みます。

  • 台持ち継ぎ

    土台や桁、小屋梁等の継手にて使用します。両部材の木口を互いに斜め方向に加工して組み合わせます。

  • 追掛け大栓継ぎ

    継手の中で、最も曲げ・引っ張り応力に優れた手法です。梶谷建設では、一次加工までをプレカットマシーンで行い、仕上げは手加工で行っています。

仕口

仕口とは、二つ以上の木材同士を異なる方向に継ぐために使われる手法です。
土台や柱のつなぎ目、梁や桁のつなぎ目などを組む時に使用します。

  • 兜蟻掛け

    在来工法の中で、最も一般的な継手です。シンプルでありながら強度・見栄え共に最も安心できる手法です。小屋梁などで、主に使用しています。

  • 茶臼蟻掛け

    兜蟻掛けを逆さに使用した仕口です。見栄えを重視する化粧で使用します。モデルハウス「木組みの家」のハネ梁でも使用しています。

main

モデルハウス「木組みの家」のハネ梁

木材の厳選と製材を一括管理

家の基本となる木材。製材所として創業した梶谷建設では、現在でも自社製材所にて、木材の厳選から製材を一括で管理しています。また、木材の持ち込み加工にも対応しています。前の家で使っていた思い入れのある古材に手を加え、新しい家で使うこともできます。

木材の厳選と製材を一括管理

木材の仕入れから製材までの流れ

  • 厳選した仕入れ

    厳選した仕入れ

    職人の目で厳選しながら、収縮が少なく木目の詰まった高品位な木材だけを仕入れています。

  • プレカット

    プレカット

    梶谷建設では、職人の手の動きに近いとされるプレカットマシーンを利用しています。
    誤差は、わずか0.5mmの驚異的な精度で他に類をみない製品をつくります。

  • プレカット

    匠達による手加工

    プレカットではどうしても再現できない加工があります。
    熟練した大工棟梁の手加工によって、1本1本より正確に仕上げています。
    手間が掛かりますが、長年に渡って使用していただける家づくりを目指しています。

梶谷建設が主に扱う材料※この他にも、取扱木材がございます。

※この他にも、取扱木材がございます。

  • 能登ひば:土台、大引、ウッドデッキ

    能登ひば:大引床材、ウッドデッキ

    抗菌作用があり、湿気によるカビや腐れに対して強い耐久性を発揮します。また、防虫効果のある「ヒノキチオール」という天然成分を多く含むため、シロアリや蚊などの害虫を寄せ付けません。

  • :床材、造作材、階段

    桧:床材、外部造作材

    心材の色は淡紅色、辺材は白色です。肌目は精緻で、仕上げると美しい光沢が現れます。また、ヒノキ特有の芳香があるのも特徴です。心材の耐久性も高く、長期の水湿にも強いという性質があります。

  • 赤松:桁、梁、床材

    赤松:桁、梁、床材

    辺材は黄白色、芯材はほんの少し黄身がかった淡い桃色をしています。節は赤く、明瞭で美しい木目が特徴です。硬松類に属しており、曲げに対して強い強度があることから、昔から梁や桁などに使用されています。

  • :柱、間柱、窓枠、床材

    柱、間柱、窓枠、床材

    心材の色は、桃色から濃い赤褐色までかなり幅があります。産地によって造林方法が異なり、また材質も異なってきます。軽くて加工しやすいことから、柱や桁、廻り縁、巾木、窓枠材、ハギ材など幅広く使用することができます。

ハギ材
ハギ材

ハギ材とは、何枚かの板を横方向に接合し、大きな一枚の板としたものです。梶谷建設では、主にカウンターや本棚に使用しています。金物を一切使わず、製材所の職人によって一枚一枚ていねいに作られています。

梶谷製材所はご見学も承っております

ご希望の方は、事前にお電話にてご予約をお願いいたします。
お気軽にお申し付け下さい。

(有)梶谷製材所 梶谷建設製材部門

〒923-0065 石川県小松市立明町ハ38
製材事務所 TEL 0761-47-1012
建設工務部 TEL 0761-47-1321
営業時間 9:00~18:00
休業日 土・日・祝

〒923-0065 石川県小松市立明町ハ38

製材事務所

0761-47-1012

建設工務部

0761-47-1321

営業時間 9:00~18:00

休業日 土・日・祝