木の力 POWER OF WOODS

梶谷建設の家づくりには、上質な木材が欠かせません。
製材所のノウハウを活かして、仕入れる地域産材の
能登ひば・かが杉・国産材の赤松・桧の無垢材を惜しみなく使用し、
骨太の構造と心地よい住空間をつくります。
木にこだわり、木の特性を活かし、先進の住まいづくりに邁進します。

自然の力を活かした家づくり

自然の力を活かした家づくり

梶谷建設が目指すのは「自然な家をつくる」こと。木は湿度が高くなると湿気を吸収し、逆に湿度が低くなると湿気を放出する力を持っています。木の力によって湿度を快適にコントロールし、住まう人の健康を守ります。

木が持つ粘り強さを活かした家づくり

木が持つ粘り強さを活かした家づくり木が持つ粘り強さを活かした家づくり

木は繊維方向に対して高い粘り強さを持っています。この強度は、鉄筋やコンクリートよりも優れていると言われています。また、同じ木であっても中心部と外側では強度や性質が大きく異なります。これらを適材適所に配置することで、より強く安定した家をつくります。

自然素材のもつ美しさを活かした家づくり

自然素材のもつ美しさを活かした家づくり自然素材のもつ美しさを活かした家づくり

木の良さは、構造的な利点だけに留まりません。熱が伝わりにくい性質を持ち、断熱・保温効果に優れているため、無垢の床材は足元がヒヤッとしません。また、自然な肌触りと美しい木目が心を癒し、心地よい住空間を演出します。