暮らしのかたち DESIGN

家の”かたち”を考えることよりも先に、”暮らし”を考えることを大切にしています。
人に個性があるように、家や暮らし方にもその人らしさは表れます。
価値観やライフスタイルについて、しっかりと対話し、感じとることが出発点です。
それぞれの家族に寄り添う、”暮らしのかたち” を見つけていきたいと、
梶谷建設は考えています。

木の美しさを引き出す

木の美しさを引き出す

一概に木の家といっても、木の使い方や、扱う技術によって意匠の美しさに差がでます。
木を熟知している匠がいる梶谷建設だからこそ、梁や柱の木組み、木目の見せ方など、
木が本来もつ美しさ、豊かさを十分に引き出す設計ができます。
木の家は年月と共に風合いが増し、時を経ても美しく、家族の記憶に寄り添う住まいになります。

心地よい居場所をつくる

心地よい居場所をつくる

家は家族が住み、多くのことを感じ、考えながら過ごす場所。
家族とのつながりを感じられるリビングやキッチン、落ち着いて趣味を楽しむ個々のスペースなど、
住まい手の感覚になって、”心地のよい場所”をつくっていくことが
豊かな暮らしにつながっていくと考えています。

想いを聞かせてください

想いを聞かせてください

私たちはご家族の暮らしに合った家をつくるために、ご家族の想いや夢を聞かせていただきたいと思っています。
家を建てるときにはさまざまな疑問や不安を感じることがあるでしょう。
その不安や疑問に向き合い、ひとつずつ解決していくことが私たちの仕事です。
家づくりは、本来楽しいもの。
ご家族と一緒に想いをかたちにしていく、そんな家づくりをしていきます。